各貨幣

国産オーガニックコスメ

無添加化粧品には化学成分が含まれている

オーガニック化粧品の定義が何なのかはあまり知られていないのが実情でしょう。
化粧品には大きく分けて2種類あります。
1つは、従来から広く一般的に使用されて生きた石油由来原料を中心とする化学成分を用いた化粧品であり、もう1つは環境に優しい、人にやさしいを考えた石油由来成分を排除したオーガニック化粧品である。 
無添加化粧品は一部化学成分を使用しているので化学化粧品に含まれている。
現在、百貨店や大型店舗などで多く売られているのは無添加化粧品が主流となっていますので、このタイプの化粧品が広く一般に知られていて普通に使用していることが多いのではと思います。

化粧品が一般的に商品として流通し始めると、保存状態を長持ちさせるために科学的な薬品を加えて、腐りにくくするような措置が取られるようになったのは必然的なことでしょう。
長期保存が可能になるように加えられた薬品が添加物で、いろんな添加物が考えられたのです。
普通に考えると無添加化粧品は石油由来成分を含んでいないように思えるのですが、添加物は含まれているのです。
石油由来成分は約7000種類もあると言われており、この化学成分のうちお肌の対して刺激が強いとされる102種類の旧表示指定成分を含まないものを無添加化粧品としているようです。

 

オーガニック化粧品は今までの化粧品とは違い、あなたをキレイにしてくれる手段を1つ増やしてくれるようなので、これを使わない手はないでしょう。
化学成分を含んでいないオーガニック化粧品がお肌にとって良いことは明らかなことです。
しかし日本においてオーガニック化粧品の明確な基準がないようです。
オーガニック化粧品は安価に手に入る化学成分の添加物を一切使用していないので、当然のことですが値段は高くつくことになります。
例えば、化粧品の腐食を防ぐハーブや天然の花や果実から抽出した成分を配合したり、容器内を真空状態にすることにより長期保存が可能となる方法を取り入れたりと手間暇をかけることによってオーガニックを実現してる。
現状において極端な話、1%でもオーガニック原材料を使っていればオーガニック化粧品ですと表示しても規制されることはありません。
オーガニック化粧品を選ぶ時には
 ・石油由来成分が排除されている
 ・動物由来成分が排除されている
 ・植物由来のうち70〜90パーセント以上がオーガニック原材料である
ということ、国際的な認定標準を満たしているかを確認するようにしましょう。